newzy.jp

Chance favors the prepared minds.

自助論

   

スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫

先日読了しました。
再読です。

Amazon.co.jp
1858年に出され、日本では福澤諭吉の『学問のすすめ』と並んで読まれたという明治の大ベストセラー『西国立志編』の現代語訳版(原題は『Self-Help, with Illustrations of Character and Conduct』)。「天は自ら助くる者を助く」という独立自尊の精神を広めた、古典的名著である。

アダム・スミスやニュートン、シェークスピア、ミケランジェロ、コロンブス、ガリレオ・ガリレイ…。さまざまな分野で活躍した有名、無名の人々のエピソードや言葉を引用しながら、「自助」の精神の重要性を訴えている。この現代語訳版では若干削除されている部分もあるが、読みごたえは十分である。

「世界を動かそうと思ったら、まず自分自身を動かせ」と語ったソクラテス、「天才とは、一つの問題に深く没頭した結果生まれるものだ」としたビュフォン、「死やいかなる苦行が待ち受けていようとも、一つの魂を救うためには、たとえ一万回でもその中に飛び込む覚悟がある」と語ったザビエル。成功を収めた偉人たちの言葉からは、信念や使命感、努力の力を感じることができる。

本書は、イギリスが世界最強であった時代に書かれたものである。巻末の「訳者のことば」で訳者は、「そのころに比べて現在のイギリスの勢いがやや衰えているのは、自助の心を持ったイギリス人の数が少なくなったからである。いわゆる『成熟病』がイギリスに災いしたのである」と語っている。成熟期を迎えた現在の日本にこそ、必要な1冊なのかもしれない。(土井英司)

「天は自ら助くる者を助く」

で有名な本書。初読は結構前ですね。
とことん前向きな刺激を受けたことを覚えています。

今回は第3期を終わろうとしている会社の今後を考えた際に、いろいろと深い反省もあり・・・ふと手にとって見たんですね。

なんというかまた背を伸ばせましたよ。
今回響いた言葉。

“われわれは、成功ではなく失敗からむしろ多くの知恵を学ぶ。「何を行うべきか」に気づくのは、「何を行ってはいけないか」を悟る時だ。過ちを犯さなければ、いつまでたってもそこに気づくことはない。”

また折に触れて再読したい書籍です。

 - 書評のようなもの