newzy.jp

Chance favors the prepared minds.

洗脳支配

   

[amazon]4828414126[/amazon]

読了しました。

内容紹介
世の中は、さまざまな嘘で塗り固められています。小さな嘘ばかりでなく、大きな嘘が堂々とまかり通ります。ほとんどの人は飼いならされ、判断能力を奪われ ているので、自分たちが手ひどく騙されていることに気づきません。騙している張本人は、真の意味での「勝ち組」であり、堂々と続いてきた「権力者」です。 そこで本書は、21世紀の「経済奴隷」と化した日本人と、その隷属のメカニズムを分析しました。そうすることで日本の「勝ち組」の正体を明らかにすると同 時に、明治維新以来日本人が甘んじて受けてきた支配の構図を浮き彫りにできるはずです。さらに戦後、アメリカ占領下の日本にGHQがかけた洗脳がいまだに 私たちを縛りつけ、21世紀においても日本人の奴隷化の度合いを強めていることがはっきりすると思います。そうした状況の中で私たちがとりうる対抗策は、 世間に流布されている常識とまったく異なります。常識の嘘に惑わされず、本当の意味でサバイバルを果たすことが大切なのです。

今ある常識(という名の洗脳支配)に、疑義を!ということですね。

著者のドクター苫米地氏はオウム事件における信者の脱洗脳で一気に有名になりました。
その後多数の書籍を著され、その最新刊ですね。私は恥ずかしながら氏の書籍は初なのですが、 オビを拝見するに華麗なる経歴に彩られた方です。

本書は全世界規模での勝ち組、負け組の存在を明らかにし、勝ち組による統治システム=洗脳を解いて、本来の自由なあり方を模索していこう、というもの(誤解してるかな)。苫米地氏は頭脳がキレすぎて、脳内でつながっていることをボン、と提供されるので読みながら少し混乱するとこもありました(汗)

価値観をフラットにしておくのは悪いことでもなんでもないと思うので、まずそのためのツールとして。
本書はアリですよ。

 - 書評のようなもの ,