newzy.jp

Chance favors the prepared minds.

電波利権

   

電波利権 (新潮新書)

本日読了しました。

内容(「BOOK」データベースより)
「電波」という観点から見ると、テレビ局はとてつもない「既得権益集団」である。タダで貰った電波を無駄遣いする、電波利用料を携帯会社にツケ回す、政治 家に媚を売り新規参入を妨害する、ほとんど無意味な「デジタル化」を進めてインターネット放送を潰す…。公共財であるべき「電波」が私物化されているの だ。「電波利権」の驚くべき構造を描き出し、「電波開放への道」も提言する論争の書。

本書を一読すると、電波/放送業界の「報道されない」内容に驚くかと。
テレビ局は報道する立場として最も力を持っているわけで、そりゃぁそのことは一般的に知られるわけないなと。河野太郎氏のブログ等で、最近は少しずつこのあたり、表に出てきていますけれどね。

利権もいいですが・・・「ギャップはいつか是正される」と相場にいる人間としては思うのですがどうでしょうか。

報道されない、報道局の実態を知りたい方はぜひ。

 - 書評のようなもの