newzy.jp

Chance favors the prepared minds.

さんまシステム

   

さんまシステム が完結しているようです。

「ほぼ日」の睡眠論。「さんまシステム」完結していた-ネタフル

ほぼ日刊イトイ新聞の「睡眠」に関連した企画で行われた対談ですが、これがいいなぁ、と。
眠らないというのが生来のもの、というのがネタではなく、意外と本当であることにも驚きますが、総体としてはさんまさんの仕事に対するあり方に深く分け入っていて、興味深いものになっています。

とくに第8回が印象的。

さんま 負け分をどうおさえるか。
そこはもう、テクニックもあるし、
計算もあるんですけども。
ぼくがいちばん、
胸に刻んでいる名言があって、
まぁ、なんでもないといえば
なんでもないことばなんですけどね。
糸井 はい。
さんま ジョージ・フォアマンと
モハメッド・アリが試合したときに
アリが言ったんですけど、
「わざとボディを打たせるんだ」と。
どういうことかというと、
「わざと打たせたボディは効かないんだ」
というんですね。
糸井 あぁー、いいですね。
さんま これはかなり、役に立つんです。
とくに、お笑い芸人とかタレントには
たぶん、必要なことばだと。
糸井 うん、うん。
さんま やっぱり、「あかん」というときは
なにをやってもダメなんです。
そういうときには、打たせなきゃいけない。
わざと打たせたら、耐えられるんですよ。
糸井 はぁ、はぁ、はぁ。
さんま ところが、「オレは大丈夫だ」と思って、
行って打たれると、効くんですね。
さすがモハメッド・アリっていう。
糸井 すごいですねぇ。
さんま そういう名言があるんですけどね。
これは、ぼくの、
世間には言ってない座右の銘ですよね。
糸井 はぁー。

糸井さんの質問力もさすが。
期間限定公開のようです。閲覧はおはやめに!

 - newzy