newzy.jp

Chance favors the prepared minds.

闇の子供たち

   

本日読了しました。

内容(「BOOK」データベースより)
貧困に喘ぐタイの山岳地帯で育ったセンラーは、もはや生きているだけの屍と化していた。実父にわずか八歳で売春宿へ売り渡され、世界中の富裕層の性的玩具となり、涙すら涸れ果てていた…。アジアの最底辺で今、何が起こっているのか。幼児売春。臓器売買。モラルや憐憫を破壊する冷徹な資本主義の現実と人間の飽くなき欲望の恐怖を描く衝撃作。

映画化もされ、話題になっていますね。
貧困の中で過ごす子供たちが、資本のハザマでいったいどういう境遇にいるのか。その様は、あまりにも哀しく、痛い。

本書には、正解なきこの世界が表現されています。
気合いれて向き合いましょう。

 - 書評のようなもの