newzy.jp

Chance favors the prepared minds.

P2P融資ってさ

   

近所の銀行ATM。
使い勝手がいいので、業務でも色々使ったりしていたのですが今日を持って撤収とのこと。
まぁそんなに変わらないところにいくつもあるので(コンビにでもいいですしね)、特に不便になったわけではないですが・・・

早く言っておいてほしかった!と強めに主張してみる。
(おそらくアナウンスに気づかなかっただけ)

さて掲題のP2P(ピア・ツー・ピア)融資ですが、面白い記事がありました。

中国のステルス・スタートアップのQifang、P2P融資を中国本土に持ち込みたい

ファミリーのウタタネ氏に以前、アメリカでは個人間の借入/融資を仲介するビジネスがはやってきていると聞いていました。
Prosper

金融の新たなプラットフォームとして非常に面白いなぁ、と思いつつも、日本では法律的にどうなんだろう?とあまり真剣に考えることもせずにいましたが・・・。
中国ではまた違ったカタチでローカライズして進めようとしているみたいですね。

ちょっと本気で色々法律調べてみようかしら。。てかトラブルも多そうなんで付け焼刃怖いなw
弁護士さんに相談してみるのがはやそう。ちょっとツテを探ってみるか。。

 - newzy, ビジネス, マーケット ,