newzy.jp

Chance favors the prepared minds.

人を動かす 新装版

   

いわずと知れた超名著。いまさらですが読了しました。

Amazon.co.jp
あらゆる自己啓発本の原点とも言うべき本書は、1937年に初版が発行されると瞬く間にベストセラーとなり、累計で1,500万部を売り上げた。『How to Win Friends and Influence People』は初版の発売当時と同じように今日でも十分通用する内容となっているが、その理由は、著者のデール・カーネギーが決して変わり得ない人間の本質を理解していたからに他ならない。著者の信ずるところによれば、経済的成功の15パーセントは専門的知識から生み出されるが、残りの85パーセントは「考えを表現する能力、リーダーシップをとる能力、そして人々の熱意を引き出す能力」によるものとなる。人と接する際の基本的な原則を基に、自分が重要視され、評価されていると相手に感じさせるようなスキルを教示する。また、操られていると相手に感じさせないようにしながらつき合う基本的な手法にも重点を置いている。カーネギーは、誰かに自分が望むことをさせるには、状況を一度自分以外の視点に立って観察し、「他人の中に強い欲望を喚起させる」ことで可能になると述べる。更に本書を通じて、相手に好かれる方法、自分の考え方に相手を引き込む方法、相手の感情を害することなく、あるいは恨みを買うことなくその人の考え方を変える方法を学ぶことができる。例えば、「他人にその考えが自分のものだと感じさせる」方法、そして「まず自分の失敗について語ってから他人を批判する」方法などである。また、歴史上の人物、産業界のリーダー、そして市井の人々の逸話を交えながら、著者の論点が分かりやすく解説されている。(Joan Price, Amazon.com)

うわさに違わぬ、すばらしい書籍でした。
もっと早く読んでおけば。。

カーネギー先生には非常に失礼なのですが、トイレ時のみ読むというスタンスでじっくりと楽しみましたw
あれやこれや講評はいらないですね。今の自己啓発/対人関係改善本は大体が本書の焼き直しかカスタマイズのように思えます。
個々のエピソードに含蓄があり、何度読んでも新たな気づきがありそうです。僕もまたもう一度噛み締めるように再読予定です。

ちなみに大学入学や新社会人へのギフトとして贈られることもあるようですが、そういうとき、あまり読みませんよねw
しかしこればっかりは読んで損がありません。ある意味人生を変えうる「心の書」です。

 - 書評のようなもの ,