newzy.jp

Chance favors the prepared minds.

ウェブ時代をゆく-いかに働き、いかに学ぶか

   


大分-東京の機内で読了しました。

内容紹介
現代は、江戸から明治に匹敵する「時代の大きな変わり目」だ。ウェブという「学習の高速道路」によって、どんな職業の可能性がひらかれたのか。食べていけ るだけのお金を稼ぎつつ、「好き」を貫いて知的に生きることは可能なのか。この混沌として面白い時代に、少しでも「見晴らしのいい場所」に立ち、より多く の自由を手にするために――。オプティミズムに貫かれ、リアリズムに裏打ちされた、待望の仕事論・人生論。『ウェブ進化論』完結篇。

まさに梅田流仕事論とでもいうべき書籍になっています。
そういう意味でも、氏のウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)を補完する内容と捉えるのが正しいですね。

グーグルやオープンソースの潮流をサンプルに、個人の自由を獲得せんとする仕事のあり方をオプティミズムに満ちた視点で語り、「けものみち」を歩む人間の背中を景気よく押してくれるステキな書籍です。わが社は厳密な意味でベンチャー企業ではなく、スモールビジネスを展開する企業ですが、それでも自分たちだけのけものみちを歩んでいる最中。組織内のカッサンドラを大切に、生き抜きたいと心から思いました。

ちなみにこれから仕事を考える若い人にとっても本書の内容は刺激的でしょうが・・・
それ以上に、すでに社会に出ている方において、コチラは機能するように思います。
個人的にも「仕事とは」をもう一度見つめなおすには最適な書籍でした。おすすめです!

“in the right place at the right time. “

 - ビジネス, 書評のようなもの