newzy.jp

Chance favors the prepared minds.

早わかりサブプライム不況 「100年に一度」の金融危機の構造と実相

      2009/11/24

早わかりサブプライム不況 「100年に一度」の金融危機の構造と実相 (朝日新書)

内容(「BOOK」データベースより)
米国が震源地で「100年に一度」といわれる金融危機は、株大暴落を経て世界同時不況に発展しようとしている。危機が増殖していた時も、市場がパニックに陥った時も、常に日本マネーが狙われたのはなぜか。気鋭の証券アナリストが未曽有の危機の全貌をわかりやすく解説した決定版。

本来難しい内容であるはずだが、平易な文体にひっぱられてサブプライムの全体像を概観できる。中盤以降にでてくる、なぜリーマンだけが破綻したのか、についての仮説は読む価値あり。いまさらと思わずチェックしておいたほうがよさげ。おすすめ。

 - 書評のようなもの