newzy.jp

Chance favors the prepared minds.

ハードディスク破損?からマシン復旧までの備忘録

   

いつも突然に起こるんですよね。
そう、メインマシンのハードディスククラッシュ。。
一応なんとか復旧したので、備忘録的に書いてみます。

まぁ数回経験してるんで、まずはあわてずデータを救い出せるかを確認。ブートセクタあたりだけがおかしくなっていてwindowsが立ち上がらないことが多いんで、そういう場合はほぼデータは回復できます。あわてて新しいPCとか買いにいっちゃだめなのです。ほかのデバイスは無事なケースがほとんどですから。

まぁあれやこれやで修復作業もできないことはないんですが、なんだかんだいじりすぎるともっとひどく破損しちゃったりということもありうるので、僕の場合はもう割り切ってデータ用ハードディスクに変えちゃう。

手順は↓こんな感じで。かなりいい加減なんですけど。

1.玄人志向のKRHC-SATAIDEをヤマダで購入(2,400円くらい)

 ※2.5インチIDE/3.5インチIDE/SATA HDDをUSB接続に変換できるケーブル。

2.メインマシンからハードディスクを取り出す
3.ハードディスクをKRHC-SATAIDEにつなぐ
4.サブマシンのUSBに挿し、データが見えるか確認

4までやってデータに問題なければ、その中の大事なやつ(思い出の写真とか)を別途バックアップ用ストレージに叩き込んで、後はそのまま外付けハードディスクとして好きなように使います。もちろん微妙に壊れてるところがあるわけで、あんまり信頼おけませんので注意。

とはいえ、我が家には4台ほどこんなハードディスクから外付けに換えたブツがありますが、どれも普通に動いてくれております。あくまで個人的に運がいいだけかもしれないですが。

その後、マシンのハードディスク以外のデバイスは壊れていないと思われたので、

5.まっさらのハードディスクをツクモネットショップで購入

こわれたやつが日立製だったので、いいんだかわるいんだか微妙ですがこれにしました。しかし最近は1TBでも安いの結構ありますねぇ。送料無料でお盆最中なのにすぐ届きました。ツクモさんいいですね!

6.壊れたハードディスクが入ってたPCに買ったハードディスクを設置
7.リカバリーCDを使ってwindowsXPのインストール

フォーマットからなんでこの二つの工程が結構時間がかかりましたが、とりあえず無事インストール完了。

8.デバイスがしっかり認識されているか確認

デバイスマネージャでPCの各種デバイスがしっかり認識されているか確認します。みてみると案の定、大事なイーサネット関連のドライバが認識できず?状態。ネットでアップデートしようにもこいつがダメだとつなげませんよね当然。うーむ、手のうちようがない。。

とそこで気づいたのがそう、外付けにしたハードディスク。ここにこれらのドライバが入っていることは間違いないので探す。普通はdriverフォルダに入ってることが多いんですがぜんぜん見つからない。なかなか難儀しましたが、デバイスのメーカーフォルダを検索して無事発見。インストール。認識完了。ネット解禁万歳。windowsのアクティベートもしておく。

9.WindowsUpdateを実行

そのままだと危なすぎるのでWindowsUpdateは当たり前。するといきなりSP3に上げろとのお達し。しかしこれも時間がかかりますねぇ。粛々とすすめるしかなし。終わったら再起動してもう一度WindowsUpdateを実行。47個もあるじゃないか。。粛々と実行。その後やはり再起動。

10.復旧のベース構築完了

ここまででとりあえず復旧のベースは完了。あとは各種アプリケーションとかフォントとかいろいろ入れてもとの環境に近づけていきます。

怪我の功名以外の何物でもないけれど、綺麗な状態になったし、フリーのもので再度入れなおした使えるアプリケーションなどを後でまとめてみようかな。

※これらは、お勧めのやり方というわけではありません。あくまで個人的なやり方です・・・その辺よろしくお願いいたします。念のため。

 - お買い物, 仕事術